2013年結成。佐倉リーグに所属するクラブには,一生懸命に野球に取り組む女子野球選手がいます。佐倉リーグ創立30周年記念事業として『なでしこオールスターゲーム』を開催し,出場した各クラブの女子選手によって結成されたチームです。

 

 佐倉むらさきライオンズクラブからユニホーム,団旗と『GIRLS FIGHT!咲き誇れなでしこ』の応援横断幕を寄贈いただきました。また佐倉リーグを応援いただいている多くの皆様からも心温まるご支援をいただいています。この場を借り御礼申し上げます。

 

 ベースボール大好き,ベースボールを続けたいという熱き思いを持った「女子野球プレーヤー」にご支援とご協力をお願いします。

 

 

 

Chiba Girls Cup:逃げ切り!大逆転!ハラハラドキドキの準優勝!

2016年12月11日(日)スマートコミュニティグランド

第3回ChibaGirlsCup 第1戦

TEAM 1 2 3 4 TOTAL
佐倉なでしこ女子野球クラブ(1勝) 14
花見川女子選抜 13

 佐倉なでしこ女子野球クラブは、8点リードで迎えた4回に小田嶋投手がコントロールが定まらずに7四死球で1点差に迫られ満塁のピンチに5番打者をショートフライに打ち取り何とか逃げ切った。

 なでしこは,1回に前田が内野エラー、梅田フォアボールで1アウト3塁2塁と先制にチャンスに橋爪がセンターに打ち返すタイムリーヒット、さらにワイルドピッチで1点を加えて2点差とした。

 2回には、薬袋の2塁打と前田のタイムリーヒットで1点を追加。3回には4つのフォアボールを足場に小田嶋、薬袋のタイムリーヒットなどで6点を奪った。4回にも小田嶋、小松のヒットと薬袋のこの試合3本目となるヒットで3点を加えて8点差とした。

 花見川女子選抜は、先発前田投手が制球に苦しむスキをついてヒット1本で3回までに6点を奪い、1アウト3塁2塁。ここで前田から小田嶋にスイッチ、小田嶋は2者連続三振を奪いピンチを逃れた。

 

2016年12月11日(日)スマートコミュニティグランド

第3回ChibaGirlsCup 第2戦

TEAM 1 2 3 4 TOTAL
習志野八千代スカーレット 12

佐倉なでしこ女子野球クラブ (2勝)

12 17

 佐倉なでしこ女子野球クラブは、7点を追う4回に打者16人を繰り出し一気に12点を奪い2勝目をあげて3回戦やまゆりガールズと優勝をかけて戦うこととなった。

 なでしこは,2回に薬袋、谷口の連打で1アウト3塁2塁に小松がレフトを破る3塁打で2点を返し、3回には内野エラーの橋爪を3塁において前田のタイムリーヒットで1点を返して7点差。

 4回は,薬袋がマウンドに上がり2つの三振と内野ゴロに押さえて最後の攻撃に望んだ。この回のトップバター小松はフルカウントまで粘って1塁に歩き,2盗3盗とバッテリーを揺さぶり、田中のタイムリーヒットでまず1点。このあと、フォアボールと野手のタイムリーエラーで得点を重ねて1点差に詰め寄った。なおも、1アウト満塁に田中の打球は3塁ゴロ、1塁悪送球で広い外野をボールが転がる間に1塁ランナーもホームインして逆転した。さらに安西のタイムリーヒット加わって大量点を奪う大逆転となった。

 

2016年12月23日(金・祝)スマートコミュニティグランド

第3回ChibaGirlsCup 第3戦

TEAM

1

2 3 4 5 6 TOTAL
佐倉なでしこ女子野球クラブ(2勝1敗)
やまゆりガールズ (3勝)

 佐倉なでしこ女子野球クラブは、初回から芳ヶ迫の3塁打、上西、梅田のタイムリーで2点を先取と好スタートを切ったかにみえたが、2回以降はランナーを出すが、あと1本が出ない。

 守っては、フォアボールと野手のエラーで失点を重ね,ノーヒットで6点を失った。

 

 この結果、やまゆりガールズが3チームから勝ち星をあげて,2年連続2回目の優勝、佐倉なでしこ女子野球クラブは、準優勝となった。

 

2016年12月23日(金・祝)スマートコミュニティグランド

TEAM 1 2 3 TOTAL
佐倉なでしこ女子野球クラブ
花見川女子選抜

 初戦で悔しい敗戦をした花見川女子選抜から、リベンジの申し入れがあり今シーズン最後の試合に臨んだ。

 佐倉なでしこは、1回トップバッター梅田がセンターへヒット、続く上西がセンターを破る2塁打で先取点を奪い、芳ヶ迫は内野エラー、薬袋内野ヒットで満塁のチャンスにワイルドピッチと内野ゴロで4点を奪った。しかし、そのウラ、2つのフォアボールと2本のヒットで追いつかれてしまった。

 3回に、日置がレフトへクリーンヒット、2盗3盗して外村の内野ゴロでホームイン。そのウラ、フォアボールのランナーに2盗と2つのワイルドピッチで同点に追いつかれて引き分けた。

 

第3回ChibaGirlsCup開催

2016ChibaGirlsCup成績表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 30.4 KB

2016年4月17日(日)

第32回西本幸雄杯争奪少年野球大会 1回戦

TEAM 1 2 3 TOTAL
 佐倉なでしこ女子野球クラブ
西志津クラブ 11 12 × 23

投手 佐倉なでしこ女子:芳ヶ迫玲奈ー木山菜々子ー上西奈樺ー薬袋美咲

   西志津クラブ:鈴木優太ー佐藤塁ー岡本大地

2塁打 西志津クラブ:佐藤隆世

審判員

球審:小林(根郷ペガサス)

塁審:上木(ユーカリベアーズ),内野(根郷ペガサス),金井(ユーカリベアーズ)

 

 西志津クラブは初回に制球に苦しむなでしこ女子の投手陣をとらえて9個のフォアボールを足場にヒット1本で11点を奪い試合を決めた。2回には3番鈴木のヒットを口火に平澤のタイムリーヒット,佐藤隆世の2塁打,原田,代打・柳田と5連続ヒットで得点を重ねた。

 佐倉なでしこ女子野球クラブは,初回に上西,芳ヶ迫のヒットで1アウト3塁2塁としたが後続バッターが討ち取られて先制のチャンスを生かせなかった。

 

2016年2月6日(土)

第34回秋本真利旗争奪春季少年野球大会 1回戦

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
佐倉なでしこ女子野球クラブ
佐倉フレンド ×

投手 芳ヶ迫玲奈ー鈴木いぶきー神野寿々

 

 新チームでの第1戦は、佐倉フレンドに5回コールド完封負けのスタートとなった。

 先発芳ヶ迫投手が制球に苦しみランナーを出したところに2連発、さらにワイルドピッチで5失点。2回、3回は相手打線を抑え込んだ。4回には代わった鈴木いぶき投手が2球で2アウト、3人目も内野ゴロに打ち取ったが、野手の悪送球でランナーを出しピンチを招き失点。3人目神野寿々投手が後続を押さえた。

 なでしこは、積極的に打って出るが、4連続三振を含む7三振と打線が沈黙した。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

実施日:7月23日(日)

受付場所:イオンタウン

     ユーカリが丘

受付時間:10時〜11時45分

     13時〜16時

主催

 佐倉ライオンズクラブ

 佐倉中央ライオンズクラブ

 佐倉むらさきライオンズクラブ

実施日:7月26日(水)

受付場所:ベイシア佐倉店

     すばる書店脇駐車場

受付時間:10時〜11時45分

     13時〜16時

主催

 佐倉むらさきライオンズクラブ

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ