佐倉リーグ選手権大会 2017最優秀選手表彰式 2017年11月3日(金/祝)

西本幸雄杯大会決勝 佐倉フレンドVS佐倉ビクトリー 2018年6月3日

西本幸雄杯大会:相原漣恩(間野台ジャイアンツ)4号2ランホームラン 2018年6月3日

2018ルーキーカップ・夏季大会開会式 2018年5月6日

第4回長嶋茂雄少年野球教室  2017年11月4日 長嶋茂雄記念岩名球場

第4回長嶋茂雄少年野球教室が佐倉市長嶋茂雄記念岩名球場で盛大に開催されました。

今回は、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督を始め、中畑さん、松本さん、角さん、西本さん、定岡さん、篠塚さん、元木さんを講師としてお迎えして、日本一恵まれた野球教室となりました。

 

 

 6月30日、7月1日試合スケジュールをUPしました 6月24日21時10分

 

★ 71日(日)午後3時30分集合、選抜選手合同練習は長嶋茂雄記念岩名球場でおこないます。 6月24日21:10

 

 

 

2018年

6月

24日

西本幸雄杯大会:佐倉ビクトリー優勝、準優勝は佐倉フレンド、相原漣恩の4号逆転2ランホームランで間野台ジャイアンツ3位入賞

2018年6月3日(日)

西本幸雄杯争奪少年野球大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
佐倉フレンド
佐倉ビクトリー

投手 佐倉フレンド:小山湊成

   佐倉ビクトリー:川口陽大

2塁打 佐倉フレンド:小山湊成

    佐倉ビクトリー:本田海、雪下朝陽

審判員

球審;松本(酒々井ビッグアローズ)

塁審;佐々木(間野台ジャイアンツ)、細井(酒々井ビッグアローズ)、海老原(間野台ジャイアンツ)

 

 佐倉ビクトリーは、最終回に連打を連ねて3点をもぎ取り逆転に成功、そのまま試合時間切れとなり、9年ぶり5度目の優勝杯を手にした。

 佐倉ビクトリーは、4回に同点とされ、試合時間も残り少なくなった5回、中西がレフトへヒットして、反撃の口火を切ると9番辻もこれに続けと内野ヒットでノーアウト3塁2塁とチャンスをつくり、2番雪下キャップテンがベンチの期待通りに左中間を真っ二つにする2点タイムリー2塁打で逆点すると、続く阿部のあたりはスピンのかかったゴロ、ファウルグランドから内野に転がるヒット、3塁ランナー雪下は、打球を飛び越えて3点目のホームを駈け抜けた。

 佐倉フレンドは、1回に小山湊成のタイムリー2塁打で先制したが、2回に本田海の2点タイムリー2塁打で逆転を許した。3回にもデッドボール、ワイルドピッチで1点を失い2点差とされた。4回には、相手の守備の乱れにつけ込んで同点としたが、チャンスに下位打線に回ってあと1本が出なかった。

 

 

2018年6月3日(日)

西本幸雄杯争奪少年野球大会3位決定戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
間野台ジャイアンツ
弥勒少年野球クラブ

投手 間野台ジャイアンツ;下山田武ー柴崎碧ー相原漣恩

   弥勒少年野球クラブ;小山田悠太朗ー浪川航太ー福島秀陽

ホームラン 間野台ジャイアンツ;相原漣恩4号

2塁打 弥勒少年野球クラブ;浪川航太

球審;原田(西志津クラブ)

塁審:神原(佐倉フレンド)、松村(西志津クラブ)、小倉(佐倉フレンド)

 

 2回戦で佐倉フレンドに抽選負けして3位決定戦に回った間野台ジャイアンツと準決勝で佐倉ビクトリーに敗れた弥勒少年野球クラブが3位をかけて対戦した。

 弥勒少年野球クラブは、初回に内田のタイムリーで先取点を奪い、1アウト3塁2塁に新館のライトゴロで2点目、2塁ランナーが3点目のホームを突いたが9−3−2の好返球でタッチアウト。

 間野台ジャイアンツは、2回に下山田のタイムリーで1点。4回には相原漣恩の4号2ランホームランで逆転。さらに勢いづいた打線は、佐々木、仲田の連打に堀内のスクイズを織り交ぜてリードを広げた。

 弥勒少年野球クラブは、2回、3回、4回とランナーを出しながら得点することができないでいたが、6回に内田−川名−中山の3連打に渡辺の犠牲フライで2点差に迫り、2アウト2塁に藤谷のライト線際のフライを平田が倒れ込みながらも打球をグラブに収めるファインプレーに阻まれて万事休止。

 

 

2018年

6月

15日

西本幸雄杯大会:佐倉ビクトリー9年ぶり5度目の優勝めざす!西志津クラブ3位入賞!

2018年6月2日(土)

第34回西本幸雄杯争奪少年野球大会準決勝

TEAM 1 2 3 4 TOTAL
弥勒少年野球クラブ
佐倉ビクトリー  × 11 

投手 弥勒少年野球クラブ:浪川航太ー亀野健太郎ー小山田悠太朗

   佐倉ビクトリー:川口陽大

2塁打 佐倉ビクトリー:川口陽大、田辺圭太、阿部結心

審判員

球審:田倉(内郷スターズ)

塁審:神村(西志津クラブ)、渡辺(内郷スターズ)、鈴木(西志津クラブ)

 

 佐倉ビクトリーは、2回に打者11人を繰り出し6点を奪い、9年ぶり5度目の優勝に王手をかけた。

 両チームの先発投手が制球に苦しみ、初回はフォアボール、デッドボールでランナーを出して失点。佐倉ビクトリー川口投手は、1回2アウトから5連続奪三振、打線の援護もあって早くに立ち直直り、2回以降は相手打線を抑え込んだ。

 弥勒少年野球クラブ投手陣は、フタ桁の四死球に2塁打3本で11点を失ってしまった。

 

 

2018年6月2日(土)

第34回西本幸雄杯争奪少年野球大会3位決定戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
西志津クラブ
内郷スターズ  2 

投手 西志津クラブ:永野虎太郎ー山崎周ー斉藤慶明

   内郷スターズ:田倉輝ー白澤幸太

2塁打 西志津クラブ:齋藤瑛太

    内郷スターズ:白澤幸太、櫻井悠登

審判員

球審:新城(佐倉ビクトリー)

塁審:増山(弥勒少年野球クラブ)、喜地(佐倉ビクトリー)、的場(弥勒少年野球クラブ)

 

 西志津クラブが1点を守り切った。

 2回、フォアボールの松本を3塁に置いて齋藤瑛太がレフト頭上を破る2塁打で先制。5回には、齋藤慶明ヒット、藤野フォアボールで3塁2塁に山崎がレフトへ2点タイムリーしてリードを3点とした。

 内郷スターズは、4回まで3者凡退と相手投手に抑え込まれていたが、5回ノーアウト2塁、キャップテン白澤のタイムリー2塁打で1点。菅フォアボール、井上の絶妙なセーフティバントで1アウト満塁と一打逆転のチャンス。9番斉藤のセンターにぬけるゴロをショートがダイビングキャッチ、2塁に送球してアウト、この間に3塁ランナーがホームインして1点差とした。6回には、櫻井悠登が2塁打し、中軸に回ったが、後続が打ち取られてしまった。

 

 

2018年

6月

07日

西本幸雄杯大会:西志津クラブ接戦を制して3位決定戦へ進出!

2018年5月19日(土)

第34回西本幸雄杯争奪少年野球大会3位1回戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
王子台シーガルス
西志津クラブ  × 7 

投手 王子台シーガルス:中部晴斗

   西志津クラブ:永野虎太郎ー山崎周ー斉藤慶明

2塁打 王子台シーガルス:稲谷優介

    西志津クラブ:田岡将護、永野虎太郎

審判員

球審:深瀬(ジュニアコスモス)

塁審:杉林(上志津ファイターズ)、秋谷(ジュニアコスモス)、春日野(上志津ファイターズ)

 

 3回に連打を集中して逆転した西志津クラブが王子台シーガルスの追撃をかわして3位決定戦にコマを進めた。

 西志津クラブは、1回にエラーで出塁した川崎を2塁に置いて藤野キャップテンが送りバント、これが野手の送球ミスを誘って先取点。さらに、藤野は3盗の時キャッチャーの3塁悪送球で2点目のホームを踏んだ。

 逆転を許した3回には、1アウトから斉藤慶明ヒット、永野がタイムリー2塁打、伊藤ヒットと3連打で1点差に迫り、1アウト3塁2塁に山崎が同点スクイズ成功、続く齋藤瑛太もスクイズ、2者生還。続く4回には相手の守りのミスから加点して3点をリードした。

 王子台シーガルスは、2回に稲谷の走者一掃の2塁打で逆転。3点差を追う5回には、稲谷がヒットで出塁したが、2盗失敗。2番大野はフォアボールで1塁に歩き、キャッチャーの1塁けん制悪送球で一気にホームイン。6回には保坂がこの試合2本目のヒット、松村の内野ゴロで1点差に迫ったが後続が打ち取られてしまった。

 

 

2018年

5月

31日

西本幸雄杯大会:間野台ジャイアンツ相原漣恩ホームランで勝利に花を添える

2018年5月12日(土)

西本幸雄杯争奪少年野球大会3位1回戦

間野台ジャイアンツ 相原漣恩 3号2ランホームラン

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
間野台ジャイアンツ
エンジョイズ  0 

投手 間野台ジャイアンツ:相原漣恩ー辻陸斗ー兒島研斗

   エンジョイズ:安藤悠太ー奥地康太

ホームラン 間野台ジャイアンツ:相原漣恩

2塁打 間野台ジャイアンツ:兒島研斗

審判員

球審:関根(西志津クラブ)

塁審:深山(佐倉ビクトリー)、北村(西志津クラブ)、喜地(佐倉ビクトリー)

 

 両チームがガップリと組み合ったゲームは、相原漣恩の2ランホームランで決着がついた。

 間野台ジャイアンツは、1回トップバッター兒島がレフトを破る2塁打、続く海老原の内野ゴロで3塁アウト、さらにキャッチャー佐々木の好送球で2盗失敗。

 エンジョイズも1回、三橋がヒットで出塁、奧地が三振のときスイングのあとバッターボックスを出て2塁送球を妨げて守備妨害となりダブルプレー、続く相田はヒットで出塁したがキャッチャー兒島が好送球で2盗失敗と両チームともに野手の好守でチャンスをモノにできない。

 2回以降も両チームランナーを出すが好守で得点を許さない。

 エンジョイズは4回、奧地フォアボール、佐々木ヒットで1アウト3塁2塁にスクイズ失敗。

 そして迎えた5回2アウト2塁で相原漣恩に対して、1ボールの後にキャッチャーを立たせて敬遠。しかし、4球目高めの投球を相原漣恩はフルスイング、打球はレフトフェンスを越える3号2ランホームラン、これが決勝点となった。

 

 

2018年5月12日(土)

西本幸雄杯争奪少年野球大会2回戦

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
佐倉ビクトリー
西志津クラブ  2 

投手 佐倉ビクトリー:西畑隼登

   西志津クラブ:永野虎太郎ー斉藤慶明

2塁打 佐倉ビクトリー:田辺圭太、雪下朝陽

審判員

球審:奧地(エンジョイズ)

塁審:中田(間野台ジャイアンツ)、宮路(エンジョイズ)、立石(間野台ジャイアンツ)

 

 1回の攻防が試合を決めた。

 佐倉ビクトリーは、コントロールに苦しむ相手投手から雪下ー阿部ー川口と3連続フォアボールで1アウト・フルベースとチャンスをつかみ、5番田辺はベンチの期待通りセンターを破る走者一掃の2塁打で3点を先制した。

 西志津クラブは、藤野ー川崎と連続フォアボール、3番山崎は3塁ファウルフライに倒れたが、4番永野のタイムリーヒットで藤野を帰し、なおも1アウト3塁2塁と一打同点のチャンスに5番斉藤慶明のあたりはレフト頭上を破った、打ったランナーは2塁を狙ったが野手の好送球でタッチアウト、2塁ランナーはホーム突入をためらって3塁ストップとチャンスを生かすことができなかった。

 佐倉ビクトリーは、2回にも辻のヒット、雪下の2塁打で加点。4回には相手野手のミスと阿倍のヒットとなどでダメ押しの3点を奪い準決勝弥勒少年野球クラブ戦にコマを進めた。

 西志津クラブは、2回以降ランナーを出すが盗塁失敗、ダブルプレーとチャンスを生かすことができなかった。 

 

 

2018年

5月

16日

西本幸雄杯大会:佐倉フレンド決勝進出!内郷スターズは3位決定戦へ

2018年5月6日(日)

西本幸雄杯争奪少年野球大会 準決勝

TEAM 1 2 3 TOTAL
佐倉フレンド
内郷スターズ  5 

投手 佐倉フレンド:小山湊成ー三村直央

   内郷スターズ:田倉輝ー白澤幸太

2塁打 佐倉フレンド:小山宥楽、渡辺雄介

審判員

球審:深瀬(ジュニアコスモス)

塁審:増山(弥勒少年野球クラブ)、秋谷(ジュニアコスモス)、斉藤(弥勒少年野球クラブ)

 

 佐倉フレンドが秋本真利旗大会準優勝内郷スターズを破り合併チームとなって初の決勝進出を決めた。

 佐倉フレンドは、リードされた2回に相手投手のコントロールの乱れと野手のミスを捉えて打者11人を繰り出し5点を奪った。続く3回にも代わった投手から濱尾のスクイズバントを挟んで、小山宥楽2塁打、三村直央、渡辺雄介2塁打と3連続ヒットで4点を奪い試合を決めた。

 内郷スターズは、1回、田倉投手が3人で押さえるナイスピッチング。攻めても櫻井悠登のタイムリーで先制と内郷スターズのペースで進むかと見えた。しかし、2回野手のミスが重なって1アウト満塁のピンチにデッドボール、2ランスクイズ、さらに小山湊成のタイムリーで4点を失った。

 3回に櫻井悠登、櫻井稔也のヒットで4点を返したが、失点が多すぎた。

 決勝は、佐倉ビクトリーVS弥勒少年野球クラブの勝者と初優勝をかけて戦う!

 

 

2018年

5月

10日

ジュニア大会:西志津クラブ、弥勒少年野球クラブ初戦を飾る

2018年3月10日(土)

ジュニア選手権大会Bブロック

TEAM 1 2 3 4 TOTAL
エンジョイズ(2敗)
西志津クラブ(1勝) × 10

投手 エンジョイズ:宮路遙斗ー佐藤賢仁ー小原皐希−井本直希

   西志津クラブ:齋藤慶明ー川崎耕司

審判員

球審:中西(佐倉ビクトリー)

塁審:小河(弥勒少年野球クラブ)、喜地(佐倉ビクトリー)、的場(弥勒少年野球クラブ)

 

 西志津クラブは、初回に6連続四死球と相手投手の乱調で逆転、さらに藤田、原田のタイムリーで加点、5点のリードを奪い主導権を取り、3回にも2アウトからフォアボールと野手のエラーで加点し初戦を飾った。

 エンジョイズは初回にフォアボールと内野エラーでノーアウト3塁2塁に柏木、小原のタイムリーで3点を奪った。しかし、投手陣の乱調からリズムを崩してしまった。

 

 

2018年3月10日(土)

ジュニア選手権大会Aブロック

TEAM

1

2 3 4 5 6 TOTAL
佐倉ビクトリー(1敗)
弥勒少年野球クラブ(1勝)

投手 佐倉ビクトリー:吉川兼生ー喜地遙大

   弥勒少年野球クラブ:亀野健太郎ー内田理雄

3塁打 弥勒少年野球クラブ:内田理雄

 

 序盤は、両チームガップリと四つに組んだゲーム展開となった。この均衡を破ったのは弥勒少年野球クラブ。3回、2アウト2塁に川名のタイムリー、亀野のエンドランで2点を奪った。5回に3塁打の内田がワイルドピッチでホームイン。6回にもフォアボールを足場に4点を奪い取った。

 佐倉ビクトリーは、1,2,3回とトップバッターを出しながら得点を奪えなかった。特に3回は1アウト、フルベースでクリーンナップに回ったがチャンスをモノにできなかったのは痛かった。

 

 

2018年

5月

02日

ジュニア大会:ジュニアコスモス2年ぶり5度目の優勝!準優勝は西志津クラブ

2018年4月22日(日)

ジュニア選手権大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
ジュニアコスモス(Bブロック1位)
西志津クラブ(Bブロック2位) 0 

投手 ジュニアコスモス:牧野陽介

   西志津クラブ:齋藤慶明ー川崎耕司

2塁打 ジュニアコスモス:御代川一登、谷山慶太

審判員

球審:中田(間野台ジャイアンツ)

塁審:最上(根郷ペガサス)、佐々木(間野台ジャイアンツ)、山本(根郷ペガサス)

 

 決勝は、Bブロック1位ジュニアコスモス、同2位西志津クラブとの対戦となった。

ブロックリーグ戦では、ジュニアコスモスが完封勝ち、リベンジに萌える西志津クラブ。

ゲームは、3回まで両チーム得点のチャンスを相手の好守で封じ込められたが、4回にジュニアコスモスが御代川のタイムリー2塁打で均衡を破り、1アウト3塁2塁に木山の2ランスクイズ成功で3点を先取。6回にはコスモス打線が爆発、代打佐々木のタイムリー、谷山の2点タイムリー2塁打などで一挙に6点を追加して試合を決めた。

 西志津クラブは、3回に1アウト3塁に斉藤のセンターフライで3塁ランナーがホームを突いたがコスモスの中継プレーが勝りタッチアウト。コスモスの投手リレーで完封負け。

 ジュニアコスモスは、2年ぶり5回目の優勝を飾った。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第17回  2018年3月26日(月)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:39人

採血量:15,200ml

採血実績:272,800ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第2回 2018年3月21日(水)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:57人

採血量:22,600ml

採血実績:52,400ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ