新人杯大会決勝は王子台VS.内郷!

 今日は新人杯大会準優勝2試合がおこなわれました。第1試合は王子台シーガルスが集中打で得点を挙げ井野ジャイアンツに11-2で5回コールド勝ちしました。

 第2試合,弥勒少年野球クラブと内郷スターズは手に汗を握る好ゲームとなりました。

 先手を取ったのは弥勒少年野球クラブ,初回,内郷若林投手の立ち上がりをとらえた。2アウトから的場,香取,佐々木のクリーンナップが3連打で2点を先取した。

 

 内郷スターズは2回,2アウト2塁から,白島が内野安打と盗塁で3塁,2塁のチャンスに,矢原の打球は三遊間を破るかに見えたがショート大塚がナイスキャッチ,1塁へ送球したが矢原の足が優った。若林,白島がホームインして同点とした。内郷は3回にも鶴見と若林のヒットで逆転。4回にも2アウトから喜田のヒット,鈴木の3塁打で追加点を挙げ2点差とした。

 

 弥勒少年野球クラブは,2回途中から交代した鶴見投手に2回以降3者凡退に押さえ込まれていたが,5回に2アウトからエラーとヒットでチャンスをつくり,2つのワイルドピッチで同点に追いついた。6回,残り試合時間が5分を切った。4番香取がセンターオーバーの2塁打,5番佐々木が手堅くバントでランナーを3塁に進め一打サヨナラのチャンス! 6番林の当たりはライト前の小フライ,喜田が懸命に走ってキャッチ2アウト。続く二田の当たりはセンター前フライ,これを菅澤が懸命に走り込んでスライディングキャッチ。あと1本が出ずに3塁ランナーを帰すことができなかった。

 

 7回,ピンチを脱した内郷スターズは1番からの好打順,1アウトから鶴見がレフト左に2塁打すると,田倉,山本,若林のクリーンナップが連打で2点をもぎ取った。弥勒少年野球クラブは,2アウトからランナーを出したが,後が続かなかった。

 

 この結果,決勝は連覇に王手をかけた王子台シーガルスと22年振り2度目の優勝をめざす内郷スターズの対戦となりました。

 

 この試合は,ゲームの流れを記録してありますので参照ください。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日(火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2019年3月26日(火)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:37人

採血量:14,400ml

採血実績:315,000ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ