夏季大会:3位西志津クラブ,代打・奥平がトドメの3塁打!

2014年7月19日(日)
第7回夏季大会 3位決定戦
TEAM  1 2 3 4 TOTAL 
佐倉ビクトリー
西志津クラブ 11
投手 佐倉ビクトリー:鈴木陸仁−濱中実莉
   西志津クラブ:北村健龍ー小山松康太ー谷口理駆
3塁打 西志津クラブ:奥平康晃
2塁打 西志津クラブ:谷口理駆,齋藤孝行
審判員
球審;小林(根郷ペガサス)
塁審:小能(ユーカリベアーズ),谷口(根郷ペガサス),宇野(ユーカリベアーズ)
 

 追いつ追われつのゲームは,終盤に西志津クラブが相手の守りのミスにヒットをからめて追加点を奪い試合を決めた。

 1回,佐倉ビクトリーは久保,伊藤が連続フォアボールでチャンスをつかみ2アウトから田中の3塁ゴロが1塁手の落球に救われて2点を先取した。

 そのウラ,西志津クラブは,ヒットの渡部とフォアボールの関根を3塁2塁において福井のヒットと谷口のタイムリー2塁打で逆転。3回にも内野ヒットと2盗3盗で3塁に進んだ北村を内田のタイムリーヒットで2点差とした。

 3回,佐倉ビクトリーは,関屋フォアボール,鈴木内野エラーで出塁して2アウト3塁2塁に坂田の内野ゴロを野手が1塁悪送球して2者生還して同点とした。

 そのウラ,西志津クラブはすかさず反撃した。,福井がライトへヒット,谷口はこの試合2本目の2塁打で3塁2塁,続く小山松がスクイズバントを成功させて再びリードを奪った。7番齋藤は三遊間を破るレフト前ヒットで谷口を迎え入れ2点差とした。

 4回には,西志津クラブが内野エラーとデッドボールで3塁2塁として,6番小山松の内野ヒットと齋藤の2点タイムリー2塁打,さらに代打・奥平のライト頭上を破る2点タイムリー3塁打で一挙に5点を奪いダメを押した。

 西志津クラブは,北村,小山松,谷口の投手リレーで佐倉ビクトリー打線をノーヒットに押さえた。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ