夏季大会:ジュニアコスモスV2!和田陽聖が逆転2ラン・ホームラン!

2014年7月20日(日)
第7回夏季大会 決勝
TEAM  1 2 3 4 5 6 7 TOTAL 
弥勒少年野球クラブ
ジュニアコスモス ×
投手 弥勒少年野球クラブ:山田伊之助ー堀籠茂
   ジュニアコスモス:田村亮祐
ホームラン ジュニアコスモス:和田陽聖
2塁打 弥勒少年野球クラブ:堤淳生,林秀悟
    ジュニアコスモス:和田陽聖
審判員
球審:福井(西志津クラブ)
塁審:濱田(間野台ジャイアンツ),原田(西志津クラブ),柴崎(間野台ジャイアンツ)
 

 決勝は,2年ぶり2度目の弥勒少年野球クラブと4年ぶり2度目のジュニアコスモスの対戦となった。

 ジュニアコスモスは1回,柏木がフォアボール,2盗のときキャッチャーの2塁送球が大きくそれる間に柏木は3塁へ進んだ。2番二瓶はレフトへヒットして先手を取る。さらに2回,岩城の三遊間を破るヒットとクラッセンのラッキーな内野ヒットにダブルスチールが決まり3塁2塁に蔵本がライトに打ち返して2点目。3回にも2塁打と3盗で3塁に進んだ和田を上田のタイムリーヒットで3点目を奪った。

 弥勒少年野球クラブは,1回に堤の2塁打でチャンスをつくるが後続がない。2回,3回も3人で打ち取られてしまった。4回,この回のトップバッター林がレフトを破る2塁打で反撃の口火を切った。続く堤もヒット,藤代フォアボールで1アウト満塁とチャンスを広げた。7番芳ヶ迫はベンチの期待通りレフトを破る2点タイムリーヒットで1点差に迫り,8番西巻はショートゴロ,野手が1塁へ悪送球して3塁ランナー藤代が同点のホームイン。なおも3塁2塁に後続バッターが外野フライに倒れて同点止まり。

 弥勒少年野球クラブは5回に山田から堀籠に投手交代。ジュニアコスモスは5回,田村がセンター前に落ちるヒット,2盗のあとに4番和田が体勢を崩しながらもレフトフェンスを越える2ラン・ホームランで再び逆転に成功した。

 最終回,弥勒少年野球クラブは,芳ヶ迫はフォアボール,ここで代走に野坂,代打に後藤を送った。後藤はデッドボールで代走に小川で2塁1塁。5回に代わった入山が送りバントをきっちりと決めて3塁2塁と一打同点のお膳立ては整った。桐山はレフトフェンス際に打ちあげたヒット性のフライを野手が背走してグラブにおさめたかに見えたが落球,3塁ランナー野坂が,ホームインして1点差に迫った。1アウト2塁1塁とチャンスは続き,2番林のライトゴロで満塁。両ベンチには緊張が走る。この試合2本のヒットの堤は1塁ファウルフライに倒れて2アウト。最後のバッターは空振り三振。マウンドで勝利の雄叫びを上げる田村投手にナインがかけより大きな輪となった。

 閉会式では,星一博夏季大会実行委員長から優勝のジュニアコスモス上田キャップテンに優勝杯が贈られた。準優勝は弥勒少年野球クラブ,3位間野台ジャイアンツ,西志津クラブとなった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

💟 ご協力に感謝!

実施日:7月23日(日)

受付場所:イオンタウン

     ユーカリが丘

採血量:29,400ml

主催

 佐倉ライオンズクラブ

 佐倉中央ライオンズクラブ

 佐倉むらさきライオンズクラブ

実施日:7月26日(水)

受付場所:ベイシア佐倉店

     すばる書店脇駐車場

採血量:15,600ml

主催

 佐倉むらさきライオンズクラブ

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ