佐野好杯大会:初優勝!ジュニアコスモス,ジュニア大会と2冠王

2014年12月14日(日)

第4回佐野好杯争奪少年野球大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ジュニアコスモス
弥勒少年野球クラブ  2 

投手 ジュニアコスモス:クラッセン マイケルー蔵本清太ー二瓶大紋

   弥勒少年野球クラブ:荒川真輝ー野坂拓也

審判員

球審:福井(西志津クラブ)

塁審:田倉(内郷スターズ),平澤(西志津クラブ),喜田(内郷スターズ)

 

 4回目を迎えた佐野好杯大会は,ジュニアコスモスが念願の初優勝を飾った。

 第1回決勝戦と同じ組合せとなった決勝は,1点を争う好ゲームとなった。チャンスをうまく得点に結びつけたジュニアコスモスが最終回,キャップテン二瓶投手の好リリーフで逃げ切った。

 弥勒少年野球クラブは,昨年に続き3度目の決勝戦,2度目の優勝をめざしたが、あと一歩まで追い詰めたが2年連続準優勝となった。


 ジュニアコスモスは,1回にトップバッター二瓶がフォアボール,2盗のあと関が送りバント成功,1アウト3塁に3番柏木はベンチの期待通りにセンターへヒットして二瓶を迎え入れ,さらにクラッセンのスクイズ成功で2点を先取する好スタートを切った。 

 そのウラ,弥勒少年野球クラブは,江澤駿フォアボール,荒川ヒットで2塁1塁に松村のあたりはセンターに抜けるあたりを野手がナイスキャッチ,2塁ベースを踏み1塁送球したが惜しくもダブルプレーならず。1アウト3塁2塁となって,4番野坂のあたりは3塁を強襲,グラブをはじいた打球はレフトへ,野手の素早いバックアップがランナーの進塁を阻んで満塁。5番木村はピッチャー正面へ強いゴロ,クラッセンから二瓶,蔵本と送球されてダブルプレーに切って取った。

 弥勒少年野球クラブは,3回1アウト満塁に野坂の2点タイムリーヒットで同点に追いついた。

 ジュニアコスモスは,5回に1アウト3塁2塁に関がセンター前に打ち上げた打球を野手が懸命に走りダイビングキャッチしたが及ばず,3塁ランナー山口が,確かめるようにホームを踏んだ。これが決勝点となった。

 弥勒少年野球クラブは5回ウラ,江澤駿,荒川のヒットでノー・アウト3塁2塁としてクリーンナップにつないだが反撃のチャンスを生かすことができなかった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ