ジュニア大会:弥勒少年野球クラブ、酒々井ビックアローズが準決勝進出!

2017年4月16日(日)

第35回ジュニア選手権大会 準々決勝

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
酒々井ビックアローズ 13
西志津クラブ

投手 酒々井ビックアローズ:根本蒼生ー岩澤彪

   西志津クラブ:永野虎太郎ー松本晃太朗ー藤野海斗ー斉藤慶明

2塁打 酒々井ビックアローズ:岩澤彪、秋山輝

    エンジョイズ:永野虎太郎

審判員

球審:谷口(根郷ペガサス)

塁審:三山(根郷クラブ)、最上(根郷ペガサス)、谷口(根郷クラブ)

 

 酒々井ビックアローズは、初回に四死球を足場に3点を奪うと2回には2本のヒットで1点を加え4回には2つのフォアボールにヒットと2つのスクイズで6点を奪い試合を決めた。

 西志津クラブは、制球の定まらない投手陣、毎回ランナーを出すがあと1本が出ずにゼロ行進、5回に永野の2点タイムリーヒットで一矢を報いた。

 

 

2017年4月15日(土)

第35回ジュニア選手権大会 準々決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
弥勒少年野球クラブ
エンジョイズ

投手 弥勒少年野球クラブ:小河拓也ー渡辺凛羽

   エンジョイズ:奥地康太ー畠山諒哉

審判員

球審:川口(ジュニアコスモス)

塁審:谷藤(王子台シーガルス)、佐々木(ジュニアコスモス)、藤代(王子台シーガルス)

 

 先手を取ったエンジョイズ、これを懸命に追う弥勒少年野球クラブ、両チームともにランナーを進めるが相手の好守に阻まれ膠着状態が続く。終盤、弥勒少年野球クラブは、一気に攻め込み逆転すると5回からリリーフした渡辺が相手打線を押さえ込み準決勝にコマを進めた。

 弥勒少年野球クラブは5回、亀野フォアボールと福島のヒットで3塁2塁に、ベンチのサインはスクイズ、渡辺は、高めの投球に懸命にバットに当てに行ったが空振り、投球はミットをはじいてバックネット前に転がる間に3塁ランナー亀野がホームインして同点とした。さらにランナーを3塁においてバッター渡辺はスクイズ、打球はピッチャー前にフライとなり走り込んだ畠山投手が倒れ込みながらもキャッチ、ホームに走り込んでいた3塁ランナーは戻れずにダブルプレーと好守に阻まれた。

 6回には、代わった渡辺投手が、フォアボールでランナーを出したものの、相手打線を抑え込み逆転への望みをつないだ。

 6回、1アウトから高中がライトへヒット、反撃へののろしを上げた。ピッチャーの1塁けん制悪送球で難なく2塁へ、さらにワイルドピッチで3塁と相手の守りのミスからチャンス。続くバッターは内野フライに倒れ2アウト3塁。前の打席にヒットの福島はフォアボールで、3塁2塁とさらにチャンスをひろげた。2番渡辺は、1,2塁間を破るライトゴロ、打球の処理がもたつく間に渡辺は1塁を駆け抜け、2人のランナーが相次いでホームインして逆転した。

 エンジョイズは、5本のヒットで得点に結びついたのは1本のみ。3回に三橋、奥地と連打で1アウト3塁のチャンスを生かせなかったのは残念だっだ。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

💟 ご協力に感謝!

実施日:7月23日(日)

受付場所:イオンタウン

     ユーカリが丘

採血量:29,400ml

主催

 佐倉ライオンズクラブ

 佐倉中央ライオンズクラブ

 佐倉むらさきライオンズクラブ

実施日:7月26日(水)

受付場所:ベイシア佐倉店

     すばる書店脇駐車場

採血量:15,600ml

主催

 佐倉むらさきライオンズクラブ

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ