ジュニア大会:優勝佐倉ビクトリー、8年ぶり5回目 !準優勝は間野台ジャイアンツ!

2017年6月17日(土)

第35回ジュニア選手権大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
佐倉ビクトリー(A1)
間野台ジャイアンツ (B1) 3 

投手 佐倉ビクトリー:川口陽大

   間野台ジャイアンツ:下山田武

2塁打 佐倉ビクトリー:川口陽大、本田空

審判員

球審:増山(弥勒少年野球クラブ)

塁審:小笠原(王子台シーガルス)、山際(弥勒少年野球クラブ)、兼坂(王子台シーガルス)

 

 3年連続の決勝進出の間野台ジャイアンツが悲願の初優勝なるか、佐倉ビクトリーが第27回(2009年)から8年ぶり5度目となる優勝杯を手にすることができるか。増山球審の「プレーボール!」で熱戦の火ぶたが切られた。

 佐倉ビクトリーは、相手の立ち上がりを攻めて打者一巡、ヒット2本で4点を奪い試合の主導権を握った。追う間野台ジャイアンツは、3回を除きランナーを得点圏に進めるが、ランナーの走塁ミスなどでチャンスを生かすことができなかったが、4回に平田のタイムリー、5回にも海老原のタイムリーで反撃したがあと一歩及ばなかった。

 佐倉ビクトリーは1回、2アウトからフォアボールの雪下を2塁に置いて川口がセンターへのタイムリーヒットで先制すると、相手投手の2つのけん制悪送球で川口が帰って2点目。さらに2つのフォアボールで3塁2塁に田辺が2点タイムリーヒットで4点を奪った。2回にも2アウト2塁に川口のタイムリー2塁打で追加点を奪った。

 間野台ジャイアンツは、1回にセーフティバントで出塁した海老原は、3塁に進んで、キャッチャーのパスボールでホームを突いたが3本間に挟まれてアウト。2回は、ヒットの下山田が3盗失敗、その直後に柴崎がヒット。4回にも走塁ミスなどでチャンスを生かすことができなかった。下山田投手が3回以降、相手打線を押さえていただけに悔やまれる。 

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

💟 ご協力に感謝!

実施日:7月23日(日)

受付場所:イオンタウン

     ユーカリが丘

採血量:29,400ml

主催

 佐倉ライオンズクラブ

 佐倉中央ライオンズクラブ

 佐倉むらさきライオンズクラブ

実施日:7月26日(水)

受付場所:ベイシア佐倉店

     すばる書店脇駐車場

採血量:15,600ml

主催

 佐倉むらさきライオンズクラブ

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ