西本幸雄杯大会:ジュニアコスモス2年ぶり8度目の優勝を飾る!準優勝は王子台シーガルス!

2017年7月8日(土)

第33回西本幸雄杯争奪少年野球大会 決勝

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
ジュニアコスモス 10 15
王子台シーガルス  0 

投手 ジュニアコスモス:市川優斗ー佐々木龍之介

   王子台シーガルス:中部晴斗ー小笠原裕

2塁打 ジュニアコスモス:市川優斗、西唯仁

審判員

球審:増山(弥勒少年野球クラブ)

塁審:阿部(佐倉フレンド)、亀野(弥勒少年野球クラブ)、浜尾(佐倉フレンド)

 

 決勝戦は、3年連続決勝進出のジュニアコスモスと6年振りの決勝進出で沸く王子台シーガルスの対戦となりました。王子台シーガルスにとって6年前の決勝戦で惜しくも涙を飲んだ対戦相手がジュニアコスモス。王子台シーガルスのリベンジなるか。

 王子台シーガルスは、春季大会準優勝の弥勒少年野球クラブを破って決勝進出。その勢いで12年振り4度目の優勝をめざした。

 王子台シーガルス打線は、積極的打って出るが、打球が野手の正面に飛び、相手投手を打ち崩すことができない。3回、4回にフォアボールのランナーを出すが後続を断たれて得点できない。

 ジュニアコスモスは、2回に吉原の2点タイムリーヒットで先制すると、3回には伊藤のヒットと宮本のフィルダースチョイスで3塁2塁のチャンスに佐々木がセーフティバントを成功させて追加点を奪い、続く西がセンターに打ち返す2点タイムリー、さらに吉原がヒットで続き、3塁2塁。9番木山の1塁ゴロが野手のホーム悪送球を誘って2者生還してリードを7点とした。打順が一巡して、伊藤、宮本、佐々木、西と4連打でこの回一気に10点を奪った。5回には、西がこの試合4連続ヒットとなる2点タイムリー2塁打でダメ押しした。

 ジュニアコスモスは、市川優斗ー佐々木龍之介の投手陣が完封リレーで2年振り8度目の優勝杯を手中にした。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

💟 ご協力に感謝!

実施日:7月23日(日)

受付場所:イオンタウン

     ユーカリが丘

採血量:29,400ml

主催

 佐倉ライオンズクラブ

 佐倉中央ライオンズクラブ

 佐倉むらさきライオンズクラブ

実施日:7月26日(水)

受付場所:ベイシア佐倉店

     すばる書店脇駐車場

採血量:15,600ml

主催

 佐倉むらさきライオンズクラブ

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ