夏季大会:酒々井B・加古陽輝1号2ランホームラン、根郷ペガサス猛打爆発でともに2回戦進出!

2017年7月2日(日)

第10回夏季少年野球大会1回戦

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
佐倉なでしこ女子野球クラブ
根郷ペガサス 11 × 16

投手 佐倉なでしこ女子野球クラブ:外村優佳−小田嶋真椰

   根郷ペガサス:矢澤詠司−金野時也

3塁打 根郷ペガサス:内野拓馬、吉田晃太朗

2塁打 根郷ペガサス:金野時也、矢澤詠司、林修司、矢澤悠司、最上晃太朗

審判員

球審:臼杵(佐倉フレンド)

塁審:伊藤(西志津クラブ)、浜尾(佐倉フレンド)、北島(西志津クラブ)

 

 根郷ペガサスは、4回に14人を繰り出し6本の長短打を集中して11点を奪い試合を決めた。

 2点を先制された1回ウラ、9番林がレフトへの2塁打で大量点の口火を切ると、吉田のスクイズ成功、1アウト3塁2塁に矢澤悠司の2点タイムリー2塁打、さらに内野3塁打、梅田のバントヒット、最上2塁打と4連続ヒット、トドメは吉田の2点タイムリー3塁打と猛打爆発で一挙に11点を奪った。

 佐倉なでしこ女子野球クラブは、初回にフォアボールの小松を3塁において小田嶋のタイムリーヒットなどで2点を先制した。先発の外村は、初回にヒット2本で3点を失ったが5番矢澤悠司から5連続三振を奪うナイスピッチング。5回には、外村、小松の連打に玉城のタイムリーで2点を奪った。

 

 

2017年7月9日(日)

第10回夏季少年野球大会1回戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
間野台ジャイアンツ
酒々井ビックアローズ ×

投手 間野台ジャイアンツ:忍晴也−青木偉夢

   酒々井ビックアローズ:加古陽輝

ホームラン 酒々井ビックアローズ:加古陽輝1号

3塁打 間野台ジャイアンツ:山形晃斗

2塁打 酒々井ビックアローズ:森凜太朗

審判員

球審:川口(ジュニアコスモス)

塁審:藤代(王子台シーガルス)、佐々木(ジュニアコスモス)。瀧川(王子台シーガルス)

 

 実力伯仲のチーム同士がガップリ四つに組んだ投手戦となり、終盤の6回に加古陽輝の1号2ランホームランの決勝打で酒々井ビックアローズが2回戦にコマを進めた。

 1回、間野台ジャイアンツは山形が3塁打、酒々井ビックアローズ森が2塁打してランナーを得点圏に進めるが後続が打ち取られる。酒々井ビックアローズは、2回に佐藤のヒットと細井の送りバントを野手が3塁悪送球、さらに林デッドボールで1アウト満塁とするがチャンスをモノにできない。間野台ジャイアンツは、3回にも海老原がフォアボールで1塁に歩き、打順は1番上西、鋭い打球は2塁正面のライナー。続く青木タケムは三遊間を破るヒットで2塁1塁として、前の打席に3塁打している山形に打順が回ったが、惜しくも2塁ゴロに倒れる。6回にはフォアボールの山形を1塁に置いて青木達夢がライトへ、山形が懸命に走って3塁1塁としたがあと1本が続かない。

 酒々井ビックアローズは6回、代わった青木偉夢投手から3番森がレフト前ヒット、続く加古のあたりは外野フェンスを越える2ランホームラン。

 投げては、ヒット3本を打たれたが9奪三振で相手打線を完封した加古陽輝の大活躍で初戦を突破した。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

💟 ご協力に感謝!

実施日:7月23日(日)

受付場所:イオンタウン

     ユーカリが丘

採血量:29,400ml

主催

 佐倉ライオンズクラブ

 佐倉中央ライオンズクラブ

 佐倉むらさきライオンズクラブ

実施日:7月26日(水)

受付場所:ベイシア佐倉店

     すばる書店脇駐車場

採血量:15,600ml

主催

 佐倉むらさきライオンズクラブ

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ