第34回オールスターゲーム:青木達夢(間野台G)、最優秀選手賞と最多ホームラン賞のダブル受賞! 優秀選手:矢澤詠司(根郷P)、小松佳奈(王子台S)、最優秀新人選手賞:中部晴斗(王子台S)

佐倉リーグ選手権大会 最優秀選手表彰式 2017年11月3日(金/祝) 佐倉リーググランド

2017第34回オールスターゲーム開会式 2017年11月3日(金/祝)

2017第34回オールスターゲーム 2017年11月3日(金/祝)

2017第34回オールスターゲーム 佐倉なでしこ女子野球クラブVS.佐倉リーグ5年生選抜

 秋雨前線、週末台風と悪天候で順延となっていた「第34回オールスターゲーム」が、11月3日秋晴れの佐倉リーググランドに、各チームの主力として活躍した選手が出場して開催されました。

 開会式では、秋本真利旗大会、西本幸雄杯大会、夏季大会及び秋季大会の4大会に出場した選手から「打撃」で優秀な成績を残した選手の表彰が行われました。

 最優秀選手には、青木達夢(間野台ジャイアンツ)選手が、打率4割3分3厘で受賞。また、青木達夢選手は最多ホームラン賞(ホームラン3本)にも輝くダブル受賞とチームの勝利に貢献しました。

 優秀選手賞には、矢澤詠司(根郷ペガサス)選手、小松佳奈(王子台シーガルス)選手が受賞。小松佳奈選手は、佐倉なでしこ女子野球クラブの選手としても活躍し、女子選手では初めての受賞となりました。

 5年生選手に贈られる最優秀新人賞には、中部晴斗(王子台シーガルス)選手が受賞。来シーズンの活躍が期待されます。

 また、今年度から9大会の宣誓選手に記念メダルが贈られました。

 4選手には、佐倉中央ライオンズクラブ徳永由美子会長からカップが授与されました。

 6年生の選手が、紅白に別れてのオールスターゲームは、日頃はライバルとして戦ってきた選手、指導者が、熱き戦いを繰り広げてきたグランドで最後のプレーを楽しみました。

 午後からは、7月の若葉区選抜との定期戦で編成された「5年生選抜」と「佐倉なでしこ女子野球クラブ」とのゲームも行われました。

 佐倉なでしこ女子野球クラブを支援していただいている、佐倉むらさきライオンズクラブ三橋由美会長から6年生女子選手に記念メダルが授与されました。また、出場選手には、佐倉むらさきライオンズクラブからバナナのプレゼントをいただきました。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日            (火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2018年7月27日(金)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:38人

採血量:14,400ml

採血実績:287,200ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ