西本幸雄杯大会:相原漣恩(間野台G)2号3ランホームランで勝利に花を添える

2018年4月22日(日)

西本幸雄杯大会1回戦

相原漣恩(間野台ジャイアンツ)2号3ランホームラン

TEAM 1 2 3 4 TOTAL
間野台ジャイアンツ 16 26
根郷ペガサス  1 

投手 間野台ジャイアンツ:相原漣恩ー兒島研斗ー中田活寿

   根郷ペガサス:矢澤悠司ー林修司ー市川賢虎ー最上浩太郎

ホームラン 間野台ジャイアンツ:相原漣恩2号

2塁打 間野台ジャイアンツ:堀内匠、相原漣恩2、兒島研斗2、辻陸斗

審判員

球審:梅田(ジュニアコスモス)

塁審:岡部(エンジョイズ)、牧野(ジュニアコスモス)、栗原(エンジョイズ)

 

 根郷ペガサス投手陣は、間野台ジャイアンツの猛打にさらされた。

 間野台ジャイアンツは、2回にヒットとフォアボールで満塁のチャンスに8番辻が押出しのフォアボールで先制点を奪い、続く吉原のタイムリーヒット、堀内の2点タイムリー2塁打、さらに相原漣恩のレフトフェンスを高々と越える2号3ランホームランなど打者13人を繰り出しての8得点。

 4回にもデッドボールを挟んで7連続ヒットと打者21人でヒット12本を集中して16点を奪った。

 根郷ペガサスは、2回に2アウトから6失点はショックだった。3回に大槻の内野エラー、林フォアボールで0アウト3塁2塁にスクイズで2塁ランナーもホームを突いたがタッチアウト、1点にとどまった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ