ジュニア大会:決勝は西志津クラブVSジュニアコスモス

2018年4月8日(日)

ジュニア決勝大会準決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
弥勒少年野球クラブ
西志津クラブ  6 

投手 弥勒少年野球クラブ:亀野健太郎ー内田理雄

   西志津クラブ:川崎耕司ー齋藤慶明

2塁打 西志津クラブ:齋藤慶明

 

 西志津クラブが接戦を制して6年ぶり10回目の優勝に王手をかけた。

 先手を取ったのは西志津クラブ。1回にエラーとフォアボールで2塁1塁に3番佐藤が野手のグラブをはじく走者一掃の2点タイムリー2塁打でベンチのムードを盛り上げ、同点とされた2回ウラには、デッドボールと内野エラーで1アウト3塁2塁に先制点を叩き出した斉藤の内野ゴロで再びリードを奪い、4回にもフォアボールと川崎のヒットで2塁1塁と追加点のチャンスにバッターボックスには斉藤。打球は3塁手のグラブをはじきレフト前に走者2人が帰ってリードを3点に広げた。

 弥勒少年野球クラブは、2回に2つのフォアボールでつかんだ2塁1塁のチャンスに川名のヒットとワイルドピッチで同点とした。

 3点差で迎えた5回には、デッドボールの川名を2塁に置いて、新館、小野のヒットで1点差とし、6回には松井がデッドボールで出塁し、内田のヒットで同点。さらに川名デッドボール、中山フォアボールで1アウト満塁と攻めたてたが後続が倒れて同点止まり。

 最終回、西志津クラブは、斉藤が内野ヒット、2盜と内野ゴロで3塁に進み、鈴木の内野ゴロが野手のエラーを誘って、3塁ランナー斉藤がサヨナラのホームを駈け抜けた。

 

 

2018年4月14日(土)

ジュニア決勝大会準決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
佐倉ビクトリー
ジュニアコスモス  × 7 

投手 佐倉ビクトリー:喜地遥大

   ジュニアコスモス:高橋真琳ー木山遼太

2塁打 佐倉ビクトリー:中西優仁

審判員

球審:星(エンジョイズ)

塁審:下妻(佐倉フレンド)、稲垣(エンジョイズ)、臼杵(佐倉フレンド)

 

 ジュニアコスモスは、先制点ー追加点ーダメ押しと理想的なゲーム展開で2年ぶり5回目の優勝をめざします。

 ジュニアコスモスは、1回2アウトから牧野がフォアボールで1塁に歩き、2盗のあと吉原のタイムリーで先制すると、2回には内野ヒットの佐藤を2塁に置いて岡部がレフトへタイムリー。1点差に詰め寄られた3回には、内野ゴロとフォアボールで3塁2塁に佐藤の2打席連続ヒット、佐々木のスクイズ、さらに岡部の2打席連続ヒットで3点を加えてリードを広げた。4回には吉原と佐藤の3打席連続ヒットで2点を加えダメを押した。

 佐倉ビクトリーは、3回2アウトから金井のヒット、宮本フォアボールで2塁1塁、3番中西がセンターを破る2塁打、1塁ランナーが懸命にホームを突いたが、惜しくもタッチアウト。チャンスを生かせなかった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日            (火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2018年7月27日(金)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:38人

採血量:14,400ml

採血実績:287,200ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ