西本幸雄杯大会:佐倉ビクトリー優勝、準優勝は佐倉フレンド、相原漣恩の4号逆転2ランホームランで間野台ジャイアンツ3位入賞

2018年6月3日(日)

西本幸雄杯争奪少年野球大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
佐倉フレンド
佐倉ビクトリー

投手 佐倉フレンド:小山湊成

   佐倉ビクトリー:川口陽大

2塁打 佐倉フレンド:小山湊成

    佐倉ビクトリー:本田海、雪下朝陽

審判員

球審;松本(酒々井ビッグアローズ)

塁審;佐々木(間野台ジャイアンツ)、細井(酒々井ビッグアローズ)、海老原(間野台ジャイアンツ)

 

 佐倉ビクトリーは、最終回に連打を連ねて3点をもぎ取り逆転に成功、そのまま試合時間切れとなり、9年ぶり5度目の優勝杯を手にした。

 佐倉ビクトリーは、4回に同点とされ、試合時間も残り少なくなった5回、中西がレフトへヒットして、反撃の口火を切ると9番辻もこれに続けと内野ヒットでノーアウト3塁2塁とチャンスをつくり、2番雪下キャップテンがベンチの期待通りに左中間を真っ二つにする2点タイムリー2塁打で逆点すると、続く阿部のあたりはスピンのかかったゴロ、ファウルグランドから内野に転がるヒット、3塁ランナー雪下は、打球を飛び越えて3点目のホームを駈け抜けた。

 佐倉フレンドは、1回に小山湊成のタイムリー2塁打で先制したが、2回に本田海の2点タイムリー2塁打で逆転を許した。3回にもデッドボール、ワイルドピッチで1点を失い2点差とされた。4回には、相手の守備の乱れにつけ込んで同点としたが、チャンスに下位打線に回ってあと1本が出なかった。

 

 

2018年6月3日(日)

西本幸雄杯争奪少年野球大会3位決定戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
間野台ジャイアンツ
弥勒少年野球クラブ

投手 間野台ジャイアンツ;下山田武ー柴崎碧ー相原漣恩

   弥勒少年野球クラブ;小山田悠太朗ー浪川航太ー福島秀陽

ホームラン 間野台ジャイアンツ;相原漣恩4号

2塁打 弥勒少年野球クラブ;浪川航太

球審;原田(西志津クラブ)

塁審:神原(佐倉フレンド)、松村(西志津クラブ)、小倉(佐倉フレンド)

 

 2回戦で佐倉フレンドに抽選負けして3位決定戦に回った間野台ジャイアンツと準決勝で佐倉ビクトリーに敗れた弥勒少年野球クラブが3位をかけて対戦した。

 弥勒少年野球クラブは、初回に内田のタイムリーで先取点を奪い、1アウト3塁2塁に新館のライトゴロで2点目、2塁ランナーが3点目のホームを突いたが9−3−2の好返球でタッチアウト。

 間野台ジャイアンツは、2回に下山田のタイムリーで1点。4回には相原漣恩の4号2ランホームランで逆転。さらに勢いづいた打線は、佐々木、仲田の連打に堀内のスクイズを織り交ぜてリードを広げた。

 弥勒少年野球クラブは、2回、3回、4回とランナーを出しながら得点することができないでいたが、6回に内田−川名−中山の3連打に渡辺の犠牲フライで2点差に迫り、2アウト2塁に藤谷のライト線際のフライを平田が倒れ込みながらも打球をグラブに収めるファインプレーに阻まれて万事休止。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日            (火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2018年7月27日(金)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:38人

採血量:14,400ml

採血実績:287,200ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ