夏季大会:ジュニアコスモス3年連続決勝進出、根郷ペガサスは3位決定戦へ!

2018年7月16日(月・祝)

夏季大会準決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
ジュニアコスモス
佐倉ビクトリー

投手 ジュニアコスモス:佐藤匠太朗ー高橋真淋

   佐倉ビクトリー:西畑隼登_川口陽大

2塁打 ジュニアコスモス:吉原僚太

    佐倉ビクトリー:川口陽大、西畑隼登

審判員

球審:佐藤(上志津ファイターズ)

塁審:最上(根郷ペガサス)、春日野(上志津ファイターズ)、内野(根郷ペガサス)

 

 1点ビハインドで迎えた5回、ジュニアコスモスはフォアボールの守りの乱れから同点位追いつき、さらに4番吉原の2点タイムリーで逆転に成功。そのまま逃げ切り3年連続の決勝進出を決めた。

 立ち上がりいきなりの点の取り合いとなった。

 ジュニアコスモスは、2つのフォアボールでつかんだ3塁2塁のチャンスに吉原がセンターを破る2点タイムリーで先制した。

 そのウラ、佐倉ビクトリーも負けてはいない。トップバッター西畑がヒットで出塁。続く川口はセンターへ2塁打して3塁2塁に3番田辺はショート強襲の同点タイムリーヒット。4番阿部はセンター前に落とすヒット、5番本田海デッドボールでノーアウト満塁と攻めたてた。7番本田海はレフトライン際に落とすタイムリーで3塁ランナー田辺が逆転のホームイン。なおも満塁と攻めるが、スクイズ失敗でチャンスを生かせない。

 2回以降は、両チームランナーを出すが決定打がないままゼロ行進。均衡を破ったのはジュニアコスモス。5回に吉原の逆転タイムリー2塁打で2点をリード。最終回の佐倉ビクトリーは、1アウト2塁1塁に内野フライのダブルプレーで反撃のチャンスを生かすことができなかった。

 

 

2018年7月16日(月・祝)

夏季大会3位決定戦1回戦

TEAM 1 2 3 4 TOTAL
上志津ファイターズ
根郷ペガサス × 12

投手 上志津ファイターズ:木内勇希

   根郷ペガサス:市川賢虎

2塁打 上志津ファイターズ:木内勇希

    根郷ペガサス:小谷季成、能勢楓

審判員

球審:佐藤(ジュニアコスモス)

塁審:新城(佐倉ビクトリー)、牧野(ジュニアコスモス)、西畑(佐倉ビクトリー)

 

 根郷ペガサスは、逆転を許した3回ウラに6本のヒットを集中して打者11人を繰り出して一気に7点を奪い試合をひっくり返し3位決定戦にコマを進めた。

 先手を取ったのは、上志津ファイターズ。1回にフォアボールで出塁の佐藤は2盗、3盗の時キャッチャーの3塁悪送球で難なく先取点を奪った。

 そのウラ、根郷ペガサスは、林ヒット、最上フォアボールで3塁2塁に梅田がスクイズ成功、自らの1塁に生き、4番小谷のあたりは3塁手のグラブをはじくヒット、3塁ランナー最上が逆転のホームイン。続く能勢がフォアボールを選んで1アウト満塁とチャンスを広げて,7番山本の打球はピッチャーの足下を襲いセンターへ抜る2点タイムリー。さらに能勢は市川のバントで5点目のホームを踏んだ。

 上志津ファイターズは、2回にノーアウト満塁に相手野手のミスとスクイズで2点差とした。3回には佐藤のヒットと木内の2塁打で3塁2塁に春日野、宮崎のスクイズで逆転した。

 1点を追う根郷ペガサスは、3回ウラに能勢フォアボール、山本ヒットで2アウト3塁2塁。代打大槻のタイムリーヒットで同点に追いつくと、最上ー梅田ー小谷ー能勢と4連続長短打が飛び出して7点を奪い取った。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日            (火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2018年7月27日(金)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:38人

採血量:14,400ml

採血実績:287,200ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ