ルーキーカップ:優勝酒々井ビッグアローズ、準優勝佐倉フレンド 〜2回の攻防が勝敗を分ける〜

2018年7月21日(土)

第9回ルーキーカップ 決勝

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
佐倉フレンド
酒々井ビッグアローズ  × 9 

投手 佐倉フレンド:高橋勇翔ー臼杵大空

   酒々井ビッグアローズ:齊藤崇史ー高石涼太

3塁打 酒々井ビッグアローズ:露崎勝己、高石涼太

2塁打 酒々井ビッグアローズ:松森海吏、高石涼太

審判員

球審:斉藤(弥勒少年野球クラブ)

塁審:小林(王子台シーガルス)、豊田(弥勒少年野球クラブ)、渡辺(王子台シーガルス)

 

 井野ジャイアンツとして2011年(第2回大会)に優勝、2度目の優勝をめざす佐倉フレンド、2年連続3位、初の決勝進出で初優勝をめざす酒々井ビッグアローズが激突した。

 初回、2つの盗塁阻止と好スタートを切ったかに見えた佐倉フレンドは、2回2アウトからエラーとフォアボールで満塁のピンチに立たされた。攻める酒々井ビッグアローズは、押出しのフォアボールで先制点を奪うと、露崎が走者一掃の3塁打、さらに松森キャップテンの2塁打で7点を奪った。

 酒々井ビッグアローズは、4回にも大高の2塁打などで2点を追加した。

 佐倉フレンドは、相手投手陣に4回まで毎回3人に抑えられていたが、5回1塁3塁のとき2−4−5のトリックプレーが3塁悪送球となり3塁ランナーがホームインして1点を奪った。

 試合は、2回の攻防が勝敗を分けた。2回2アウトから野手のエラーでピンチを招いた佐倉フレンド、このチャンスを連打で大量点に結びつけた酒々井ビッグアローズが初優勝を飾った。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第21回 7月26日(日)

 イオンタウン ユーカリが丘

 佐倉中央LC合同開催

第22回 10月19日(月)

第23回 2021年3月21日(月)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2020年7月26日(日)

場所:イオンタウン ユーカリが丘

採血者:85人

採血量:33,800ml

採血実績:375,600ml

  

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ