秋季大会:延長9回決着つかず 四街道ブルースターズ、佐倉ビクトリー優勝を分ける!!

2018年10月21日(日)

第30回秋季少年野球記念大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
四街道ブルースターズ
佐倉ビクトリー  6 

投手 四街道ブルースターズ:今関文翔ー森虎之介

   佐倉ビクトリー:雪下朝陽

ホームラン 四街道ブルースターズ:森虎之介

2塁打 四街道ブルースターズ:山本弘希、半澤宥飛2、遠井志門、小川琥汰郎

    佐倉ビクトリー:本田空、雪下朝陽

審判員

球審:佐々木(間野台ジャイアンツ)

塁審:亀野(弥勒少年野球クラブ)、市川(間野台ジャイアンツ)、的場(弥勒少年野球クラブ)

 

 ガップリと四つに組んだゲームは、延長9回までもつれこみ決着がつかず、規定により四街道ブルースターズ、佐倉ビクトリー共に“優勝”となった。

 ゲームは、佐倉ビクトリーが先手を取り、四街道ブルースターズが追う展開となった。

 佐倉ビクトリーは、3回に新城のヒットが口火となり、西畑フォアボール、雪下ヒットで満塁のチャンスに3番阿部がフォアボールを選んで先取点、さらに2アウトから本田海、田辺、辻と打線がつながり、本田空の2点タイムリー2塁打でこの回打者11人を繰り出して6点を奪い優位に立った。

 四街道ブルースターズは、後半ジリジリと詰め寄る。5回にエラーで出塁した関根を3塁において山本の2塁打で1点。6回にも2アウトから半澤の2塁打と関根のタイムリーで1点とジワジワと追い上げる。

 そして、7回、1アウトから小川がライトライン際に落とす2塁打、1番今関もヒットで続き1塁3塁と攻め、金井のライトゴロで3塁ランナー小川がホームインして3点差。4回からリリーフして相手打線を押さえ込んできた森の一振りはライトフェンスを高々と越える2ランホームラン。ベンチの期待に応える一発で選手たちを生き返らせた。4番遠井は、センターを破る2塁打、続く半澤も右中間を破る同点タイムリー2塁打と土壇場で追いついた。

 佐倉ビクトリーは、7回ウラに雪下がヒットで出たが相手の好守に阻まれ手サヨナラのチャンスを逃してしまった。

 四街道ブルースターズも、8回に1アウトからランナーを出すが得点に結びつけ津ことができなかった。

 表彰式では、星副理事長から優勝旗を四街道ブルースターズ久保市キャプテン、佐倉ビクトリー雪下キャップテンに手渡された。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日            (火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2018年7月27日(金)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:38人

採血量:14,400ml

採血実績:287,200ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ