若葉区選抜佐倉リーグ選抜定期戦:初優勝5年生選抜! 田部優和、福島大駕、秋山拓海3ホームランで祝砲!

第4回若葉区選抜vs佐倉リーグ選抜定期戦開会式 2019年9月15日 桜木ライオンズグランド

田部憂和選手(南志津ツインズ)ホームラン

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
若葉区ガールズ
佐倉なでしこ女子野球クラブ  4 

ホームラン 佐倉なでしこ女子野球クラブ:田部憂和1号(南志津ツインズ)

3塁打 若葉区ガールズ:北原明香里(都賀の台レッドウイングス)

2塁打 若葉区ガールズ:福田いろ芭(都賀ジャガーズ)

    佐倉なでしこ女子野球クラブ:小高和佳奈(ユーカリベアーズ)

 

 試合は,大会ルールでは7回で引き分けだが、決定戦おこなわれ若葉区ガールズに敗れ連覇はなりませんでした。

4点ビハインドの佐倉なでしこ女子野球クラブは、5回1アウトから、田部憂和(南志津ツインズ)の一打はライト目に落ち、野手の頭上を越えてライトフェンスに転がる間に、田部は一気にホームを駈け抜けるランニングホームラン。これにこれを口火に、古川七夢(ユーカリベアーズ)がセンターにクリーンヒット、バッテリーのスキを突いて2盗を成功、続く小野田咲(寺崎ウイングス)の3塁ライン際の打球が1塁悪送球で古川七夢がホームイン。ランナー2塁で小高和佳奈(ユーカリベアーズ)のレフトの頭上を破るタイムリー2塁打で1点差とした。ワイルドピッチで3塁に進んだ小高和佳奈を永野佳奈の内野ゴロで同点とした。

 守っても、ナイスプレーで緊張感のあるゲームとなった。

 4回、ノーアウト3塁から古川七夢が3連続三振を奪うナイスピッチング。6回ノーアウト2塁1塁には、キャッチャー小高和佳奈の3盗阻止、さらに、ダブルスティール崩れで小高和佳奈ー嘉藤花都(王子台シーガルス)の連係プレーで1塁ランナーをアウトに取り無失点。7回にはキャッチャー小野田咲のス−パーキャッチで締めくくった。

 7回引き分けとなったが、1アウト満塁のサドンデスの結果、佐倉なでしこ女子野球クラブは連覇を逃した。

 

 

福島大駕選手(千葉ヤンキース)先頭打者ホームラン

秋山拓海選手(エンジョイズ)2ランホームラン

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 TOTAL
若葉区連盟選抜 5年生
佐倉リーグ選抜 5年生  × 13 

ホームラン 佐倉リーグ選抜:福島大駕(千葉ヤンキース)1号、秋山拓海(エンジョイズ)1号

3塁打 佐倉リーグ選抜:福島大駕(千葉ヤンキース)2,村松竜空(王子台シーガルス)

2塁打 若葉区選抜:平川翔塁(桜木ライオンズ)

    佐倉リーグ選抜:磯野荘太郎(千葉ヤンキース)、秋山拓海(エンジョイズ)、

            村松竜空(王子台シーガルス)、田辺泰雅(王子台シーガルス)

 

 佐倉リーグ選抜は、福島大駕(千葉ヤンキース)の同点ホームラン。2回に秋山拓海(エンジョイズ)の2ランホームランなど、3塁打3本、2塁打4本など長短打12本を集めて大量点を奪い念願の初優勝を飾った。

 佐倉リーグ選抜は,1回ウラに福島大駕がライト頭上を破るランニングホームランで追いつき、2回には2アウト3塁2塁から、吉田遼平(根郷ペガサス)がセンター前にヒット、野手の1塁悪送球で2塁ランナーもホームに帰って逆転に成功。これが口火となり、福島大駕のタイムリー2塁打、磯野荘太郎(千葉ヤンキース)のタイムリーヒット、そして、秋山拓海の2ランホームランと打者一巡で6点を奪う猛攻でゲームの指導権を握った。

 3回には、フォアボールの寺松巨翔(南志津ツインズ)を2塁において菅原亮太(根郷クラブ)のタイムリーヒット。4回には、磯野荘太郎ー秋山拓海ー村松竜空(王子台シーガルス)の3連続2塁打で差を9点に拡げた。6回にもノーアウト満塁と攻め、ダブルプレーの間に加点。7回にも福島大駕のこの試合2本目の3塁打などで2点を加えた。

 福島大駕ー磯野荘太郎ー田辺泰雅ー杉林(上志津ファイターズ)の投手陣がヒット3本に押さえ込むナイスピッチングとキャッチャー村松竜空の3盗阻止、レフト吉田遼平がレフト前に落ちる打球を2塁送球でホースアウトとノーアウトからのランナーをアウトに取るなど野手のナイスプレーで2回から7回まで3塁を踏ませなかった。

 

 

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 TOTAL
若葉区連盟選抜 6年生 10
佐倉リーグ選抜 6年生 9 

3塁打 若葉区:川俣樹生(愛生グレート)、藤原悠生(都賀ジャガース)

2塁打 若葉区:廣瀬稜(桜木ライオンズ)2、安部翔夢(愛生グレート)、柳澤駿也(都賀ジャガース)

    佐倉リーグ:佐藤志陽太(上志津ファイターズ)、松井蒼志郎(弥勒少年野球クラブ)、

          千田瑛介(千葉ヤンキース)

 

 佐倉リーグは、初回に四死球を足場に打者11人を繰り出して6点を奪い、さらに2回、4回と追加点を奪い優位に展開していたが,7回に思わぬ5失点で逆転を許し、初優勝を逃してしまった。

 佐倉リーグは初回にコントロールに苦しむ相手投手から5つの四死球と太田将悟(南志津ツインズ)、喜地遙大(佐倉ビクトリー)、そして佐藤志陽太(上志津ファイターズ)の2点タイムリー2塁打などで6点を奪う幸先のいいスタートを切った。2回にもヒットの松井蒼志郎(弥勒少年野球クラブ)を3塁において千田瑛介(千葉ヤンキース)のタイムリー2塁打で追加点を奪い、4回にも2アウト3塁2塁に千田瑛介(千葉ヤンキース)のタイムリー2塁打で加点した。

 懸命に追い上げる若葉区は,3回以降ヒットを連ねて反撃、3回には犠牲フライ、4回にもキャップテン田中真寛(千城台ツインズ)のヒットと安部翔夢(愛生グレート)の2塁打、7回には坂井煌太(愛生グレート)のヒットを口火に安部翔夢ー柳澤駿也(都賀ジャガース)2塁打ー藤原悠生(都賀ジャガース)3塁打と連打で逆転された。

 そのウラ、佐倉リーグは、3連続フォアボールでノーアウト満塁と攻めたが一歩及ばなかった。初優勝は来年にお預けとなってしまった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日(火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2019年3月26日(火)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:37人

採血量:14,400ml

採血実績:315,000ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ