安川政好杯大会:千葉ヤンキース、ジュニアコスモス優勝を分け合う!

2019年12月14日(土)

安川政好杯大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
CHIBA YANKEES
JUNIOR COSMOS  4 

*規程により両チームを優勝とします。

投手 千葉ヤンキース:坂本幸哉

   ジュニアコスモス:佐々木亮河ー深瀬稜央

3塁打 千葉ヤンキース:比日野優輝

2塁打 千葉ヤンキース:坂本幸態

    ジュニアコスモス:深瀬陸斗、佐々木亮河

審判員

球審:松永(酒々井ビッグアローズ)

塁審:松浦(西志津クラブ)、高石(酒々井ビッグアローズ)、佐藤(西志津クラブ)

 

 1回、千葉ヤンキースは、トップバッター比日野のあたりがライト前に落ち、野手の頭上を越えてライトフェンスまで転がる間に3塁を奪った。続く大須賀はショート強襲のヒットで比日野が先制のホームイン。さらに、4番坂本のタイムリー2塁打で2点を先行した。

 このウラ、ジュニアコスモスは、1番佐々木のライトゴロを野手の1塁悪送球で2塁に進み、深瀬兄弟のタイムリーで同点とした。

 2回、3回は、両チームともに3人で攻撃が終了。4回には、両チームとも、この回のトップバッターが出塁したが得点に結びつけることができなかった。

 最終回、千葉ヤンキースは、相手の守りのミスで2点を拾った。

 ジュニアコスモスは、フォアボールのランナーを2人において佐々木の2塁打で1点差。越川の内野ゴロを野手がランナーを警戒して1塁送球ができずにノー・アウト3塁2塁と一打サヨナラのチャンスとしたが、生かすことができずに引き分けた。

 規程により延長戦は行われずに両チーム優勝となった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第21回 7月26日(日)

 イオンタウン ユーカリが丘

 佐倉中央LC合同開催

第22回 10月19日(月)

第23回 2021年3月21日(月)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2020年7月26日(日)

場所:イオンタウン ユーカリが丘

採血者:85人

採血量:33,800ml

採血実績:375,600ml

  

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ