秋本真利旗大会:初優勝 酒々井ビッグアローズ!準決勝王子台シーガルス!村松竜空選手4号2ランホームラン!3位ジュニアコスモス!

2020年2月29日(土)

秋本真利旗大会 決勝

王子台シーガルス:村松竜空選手3試合連続4号2ランホームラン

TEAM 1 2 3 4 5 6

TOTAL

OJIDAI SEAGULLS
SHISUI BIG AROWS  × 7 

投手 王子台シーガルス:村松竜空ー田辺泰雅

   酒々井ビッグアローズ:斉藤崇史ー髙石涼太

ホームラン 王子台シーガルス:村松竜空4号(3試合連続)

2塁打 王子台シーガルス:兼坂虹希

    酒々井ビッグアローズ:髙石涼太、斉藤崇史

審判員

球審:杉林(上志津ファイターズ)

塁審:(佐倉フレンド)、(上志津ファイターズ)

 

 数少ないチャンスをモノにした酒々井ビッグアローズが初優勝を飾った。

 酒々井ビッグアローズは、2回に3連続フォアボールで1アウト満塁のチャンスに松本がスクイズ、相手野手がもたつく間に2塁ランナーもホームに駆け込んだ。さらに髙石の2点タイムリーヒットでこの回4点を奪い逆転に成功した。

 同点とされた4回には、デッドボールの武井を2塁に置いて髙石のタイムリー2塁打、さらに及川のタイムリーと斉藤のタイムリー2塁打で3点を奪い再びリードした。 

 王子台シーガルスは、1回に平井、田辺、岩瀬の3本のヒットで先制すると、3回に村松が3試合連続となる4号2ランホームランで1点差に追い上げた。そして、4回には、嘉藤が快足を生かした内野ヒット、兼坂2塁打、能見のタイムリーで同点。なおも1アウト満塁としたが、相手ピッチャーの巧みなけん制でチャンスを生かすことができなかった。

 

 

2020年2月29日(土)

秋本真利旗大会3位決定戦

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
JUNIORCOSMOS
NISHISHIZU CLUB  2 

投手 ジュニアコスモス:黒田龍之介ー小橋琉之介

   西志津クラブ:村松弘希ー佐藤歓太ー永野佳奈

2塁打 ジュニアコスモス:宍倉陽翔

    西志津クラブ:佐藤歓太

審判員

球審:岸野(王子台シーガルス)

塁審:及川(酒々井ビッグアローズ)、岩瀬(王子台シーガルス)、露崎(酒々井ビッグアローズ)

 

 ジュニアコスモスは、ランナーを得点圏に進め、ヒットで得点を奪う攻めで着実に得点を重ねた。これに対して西志津クラブは、毎回ランナーを出すが相手の守りに阻まれてチャンスを生かすことができなかった。

 ジュニアコスモスは、1回、佐々木がデッドボールの佐々木を3塁に置いて小林のセンターへのタイムリーで先制点。2回にはフォアボールの倉田を3塁に置いて宍倉のタイムリー2塁打。3回にもデッドボールの佐々木を3塁に置いて小林の内野ゴロで3点目を奪った。

 西志津クラブは、1回に村松のヒットと2つのフォアボールで2アウト満塁に5分木のあたりはライトゴロ、懸命にヘッドスライディングしたが惜しくもアウト。2回、フォアボールの高師を2塁に置いて菅野がセンターへのフライを宍倉のFINEPLAYに阻まれてしまった。3回には、原田、佐藤のヒットで1点を返すに止まった。

 4回には、代わった投手が制球に苦しみフォアボールを連発して3失点。

 

 *3位決定戦、佐倉ビクトリーVS四街道ファイターズは、新型コロナウイルスの感染拡大のため延期となっています。

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第18回 7月27日(金)

第19回 11月26日(日)

第20回 2019年3月26日(火)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2019年3月26日(火)

場所:ベイシア佐倉店

採血者:37人

採血量:14,400ml

採血実績:315,000ml

 

《佐倉LC、佐倉中央LC、佐倉むらさきLC 3クラブ合同》

第3回 2018年7月22日(日)

場所:イオンタウンユーカリ

採血者:63人

採血量:25,200ml

採血実績:77,200ml

 

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ