西本幸雄杯大会:酒々井ビッグアローズ好発進!

2020年7月11日(日)

西本幸雄杯大会1回戦

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
SHISUI BIG ARROWS
MANODAI GIANTS  4 

投手 酒々井ビッグアローズ:齊藤崇史ー髙石涼太

   間野台ジャイアンツ:立石悠晟ー温井遙優

2塁打 酒々井ビッグアローズ:齊藤崇史、露崎勝己

    間野台ジャイアンツ:立石悠晟、高梨大翔

審判員

球審:大熊(南志津ツインズ)

塁審:坂井(弥勒少年野球クラブ)、立松(南志津ツインズ)、齋藤(弥勒少年野球クラブ)

 

 酒々井ビッグアローズは、3回にフォアボールを挟み3本のヒットを連ねて逆転に成功すると、4回にもピンチヒッター露崎のタイムリー2塁打などで2点を加え、間野台ジャイアンツの猛追を退けて2回戦へ、春夏連覇に向けて好発進した。

 先手を取ったのは間野台ジャイアンツ。1回に人見が内野ヒットで出塁、ピッチャーの1塁けん制悪送球で一気に3塁に進み、キャップテン儀保の1塁ヘッドスライディングがセーフとなる間にホームイン。さらに、5番立石の2塁打で儀保を迎え入れてリードを2点とした。

 間野台ジャイアンツは、2回1アウト3塁のとき、バッテリーの連係プレーでスクイズをかわすナイス・プレーを見せるなど好スタート。

 酒々井ビッグアローズは、3回に、金森ヒット、髙石フォアボールで2塁1塁のチャンスに齋藤2塁打、阿部のタイムリーで同点に追いつき、ランナー3塁2塁に相手投手の2塁けん制悪送球のスキに3塁ランナーが逆転のホームを駈け抜けた。

 4回にも、フォアボールの松本を3塁に置いてピンチヒッター露崎がセンターを破るタイムリー2塁打、自らもワイルドピッチで5点目のホームを踏んだ。

 3点差を追う間野台ジャイアンツは、4回に2アウト3塁1塁と攻め、ワイルドピッチで3塁ランナーがホームイン、1塁ランナーが3塁をうかがったがキャッチャーの好送球でタッチアウト。5回にも2つのフォアボールで2塁1塁とし、高梨がセンターフェンスに転がす2塁打、1塁ランナーが懸命にホームを狙ったが、外野からの好返球でホーム寸前タッチアウト。追いつくことができなかった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第21回 7月26日(日)

 イオンタウン ユーカリが丘

 佐倉中央LC合同開催

第22回 10月19日(月)

第23回 2021年3月21日(月)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2020年7月26日(日)

場所:イオンタウン ユーカリが丘

採血者:85人

採血量:33,800ml

採血実績:375,600ml

  

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ