ジュニア大会:初優勝!間野台ジャイアンツ! 準優勝、西志津クラブ 西川翔真選手3号ホームラン

2021年5月16日(日)

ジュニア大会 決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
MANODAI GIANTS
NISHISHIZU CLUB  3 

投手 間野台ジャイアンツ:荒尾瑞貴ー寄特琉聖

   西志津クラブ:一色悠晴ー岩佐陽生ー西川翔真

ホームラン 西志津クラブ:西川翔真3号

3塁打 西志津クラブ:西川翔真

2塁打 間野台ジャイアンツ:寄特琉聖、相原良熙

審判員

球審:高田(ユーカリベアーズ)

塁審:松本(酒々井ビッグアローズ)、江連(ユーカリベアーズ)、香取(酒々井ビッグアローズ)

 

 決勝戦は、度目の優勝をめざす西志津クラブと過去4回のチャレンジで初優勝をめざす間野台ジャイアンツとなった。

 前半、両チーム共に1点を取り合い、迎えた2回に西志津クラブ西川翔真の3号ソロホームランでリードを奪った。

 間野台ジャイアンツは、5回に寄特がフォアボール、2盗のあと東の内野ゴロで3塁に進み、ワイルドピッチで同点のホームを駈け抜けた。4番今井は、内野ゴロが野手の1塁悪送球で2塁に進み、続く浅川のタイムリー2塁打で逆転に成功、さらに、荒尾の1塁強襲ヒットで浅川がホームインして2点差とした。

 そのウラ、西志津クラブは、道川のショートのグラブ先端をはじくヒット、2盗のあとに宇佐美のセーフティーバントが1塁悪送球を誘って2塁ランナー道川を迎え入れ、宇佐美は一気に3塁を落とし入れ1点差。続く水田はフォアボールで3塁1塁。1塁ランナーは2盗、キャッチャーが2塁送球、3塁ランナーがホームを突いた、2塁手がカットしてホームへ送球してタッチアウト、間野台ジャイアンツが堅い守りで1点を守り抜き初優勝を飾った。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第21回 7月26日(日)

 イオンタウン ユーカリが丘

 佐倉中央LC合同開催

第22回 10月19日(月)

第23回 2021年3月21日(月)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2020年7月26日(日)

場所:イオンタウン ユーカリが丘

採血者:85人

採血量:33,800ml

採血実績:375,600ml

  

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ