秋季大会決勝:千葉ヤンキース初優勝!小池一真5号ソロホームランで祝砲!

2021年11月23日(火/祝)

GPSS CUP 秋季大会 決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
JUNIOR COSMOS
CHIBA YANKEES  × 3 

投手 ジュニアコスモス:深瀬凌央

   千葉ヤンキース:深山侑之介ー金子純玲

ホームラン 千葉ヤンキース:小池一真5号

審判員

球審:一色(西志津クラブ)

塁審:今村(上志津ファイターズ)、石上(西志津クラブ)、池田(上志津ファイターズ)

 

 決勝は、準決勝で間野台ジャイアンツに抽選勝ちした“千葉ヤンキース”と西志津クラブを破り連覇を目指す“ジュニアコスモス”の戦いとなった。

 小池一真の5号ソロホームランで先制した千葉ヤンキースは、4回にも小池一真のヒットから3点目を奪い、ジュニアコスモスの追撃を抑えて初優勝を飾った。

 千葉ヤンキースは、2回に小池一真の5号ソロホームランで先制すると6番小笠原がフォアボールで出塁、持ち前の快足で2盗3盗とバッテリーを揺さぶりワイルドピッチで2点目のホームを走り抜けた。4回には、小池がヒットで出塁し2盗、キャッチャーの送球がそれて小池は3塁に進み、さらにキャッチャーの3塁悪送球で3点目を拾った。

 ジュニアコスモスは、1,2,3、5回と2アウトからランナーを出すが後続が打ち取られてゼロ行進。6回、深瀬凌央がこの試合2本目のヒットで出塁したが、相手野手のファイプレーに阻まれてしまった。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第21回 7月26日(日)

 イオンタウン ユーカリが丘

 佐倉中央LC合同開催

第22回 10月19日(月)

第23回 2021年3月21日(月)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2020年7月26日(日)

場所:イオンタウン ユーカリが丘

採血者:85人

採血量:33,800ml

採血実績:375,600ml

  

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ