秋本真利旗大会:西志津クラブ!3度目の優勝を飾る!! 準優勝!ジュニアコスモス!

2022年5月8日(日)

秋本真利旗大会決勝

TEAM 1 2 3 4 5 TOTAL
 JUNIOR COSMOS
 NISHISHIZU CLUB  × 11 

投手 ジュニアコスモス:小林颯音ー越川稜央ー佐藤菜々子

   西志津クラブ:西川翔真ー岩佐陽生

2塁打 ジュニアコスモス:小林颯音

    西志津クラブ:石上創大、西川翔真、岩佐陽生

審判員

球審:今村(上志津ファイターズ)

塁審:増山(弥勒少年野球クラブ)、池田(上志津ファイターズ)、篠田(弥勒少年野球クラブ)

 

 序盤は、西川、小林の投げ合いとなった。均衡を破ったのは、西志津クラブ。3回にフォアボールの宇佐美を2塁に置いて、1番石上が打ち上げたフライがワンバウンドでライトフェンスを越えるエンタイトル・ツーベースで先取点。さらに西川のタイムリー、松浦フォアボールで3塁2塁として、5番水田のタイムリーで3点目。西は,3ストライクを空振り、キャッチャーがそらして1塁に生き1アウト満塁とチャンスを広げた。7番岩佐は、レフト頭上を破る2点タイムリー2塁打。続く、一色の内野フライがエラーを誘ってこの回打者11人で6点を奪い取った。

 ジュニアコスモスも4回に反撃。代わった投手から、渡辺、眼崎の連打で2塁1塁に、水戸の当たりはライトフェンスに転がった。2塁ランナーに続いて1塁ランナーもホームを突いたが、タッチアウト。5番小橋のタイムリーで2点を返すに止まった。

 西志津クラブは、4回にも相手投手陣の乱調で打者10人を繰り出して5点を奪い試合を決め、8年ぶり3度目の優勝旗を手中に収めた。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

佐倉むらさきライオンズクラブ

第21回 7月26日(日)

 イオンタウン ユーカリが丘

 佐倉中央LC合同開催

第22回 10月19日(月)

第23回 2021年3月21日(月)

   場所 ベイシア佐倉店

💟 ご協力に感謝!

《佐倉むらさきライオンズクラブ》

第18回  2020年7月26日(日)

場所:イオンタウン ユーカリが丘

採血者:85人

採血量:33,800ml

採血実績:375,600ml

  

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ