夏季大会:決勝は西志津クラブVS.四街道ブルースターズ

2022年6月25日(土)

夏季大会準決勝

TEAM TOTAL
 OJIDAI SEAGULLS  1  0  1  0  2 
 YOTSUKAIDO BLUE STARS  7  3  2   13

 同点で迎えた2回、四街道ブルースターズは、岡田の2塁打を口火に打線が爆発。瀧澤フォアボールで2塁、1塁として、金野のヒットで岡田を迎え入れて逆転に成功。さらに、本間の2塁打、2アウト3塁となって権藤の3塁打、遠井のタイムリー、藤岡のタイムリー3塁打などで7点を奪いゲームの指導権を握った。攻撃の手を緩めない四街道ブルースターズは、3回にも相手の守りのミスを身方に、水戸の2塁打、遠井、藤岡のヒットを連ねて3点を追加した。

 王子台シーガルスも3回2アウトから、保坂フォアボール、嘉藤内野エラーで2塁1塁と攻め、小平がレフトへの2塁打で1点を返すに止まった。

 四街道ブルースターズは、3年ぶり2度目の優勝をめざす!

 

 

2022年6月25日(日)

夏季大会準決勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 TOTAL
 NISHISHIZU CLUB
 CHIBA YANKEES  0 

ホームラン 西志津クラブ:西川翔真9号、10号

             一色悠晴1号

 

 1、2回は、両チーム共に得点圏にランナーを進めながら得点に結びつけることができない。

 西志津クラブは、相手投手の制球難でフォアボールを足場に満塁のチャンスに決定打を欠く。千葉ヤンキースは、ダブルプレー、盗塁失敗でチャンスを生かすことができない。

 3回、西志津クラブ。松浦フォアボール、代打川畑のヒットで2アウト3塁2塁に𠮷川が高々と内野フライ、これがラッキーな内野ヒットとなり均衡を破った。

 このウラ、千葉ヤンキースは相手岩佐投手のNICEピッチングで3者連続三振。

 4回西志津クラブは、西川の9号2ランホームラン。5回にも10号2ランホームランで引き離し、さらに、6回には、一色の1号2ランでトドメを刺した。

 5回以降、西川投手が持ち前の快速で千葉ヤンキース打線から5個の三振を奪い反撃を断った。

 西志津クラブは、7年ぶり2度目の優勝をめざします。

 

 

問い合わせ

試合スケジュールの調整依頼の連絡はこのコーナーをご利用ください。ご意見,ご質問,メッセージ等々についてもこのコーナーからお願いします。

クリック!
クリック!

ベンチフライングシート設営方法

 

佐倉中央ライオンズクラブ

佐倉むらさきライオンズクラブ